和名 ミアミラウミウシ 分類 後鰓類(非公式群) ( OPISTHOBRANCHIA )
直神経類( EUTHYNEURA )
Clade NUDIPLEURA
裸鰓類( NUDIBRANCHIA )
Clade EUCTENIDIACEA
Subclade DORIDACEA
ドーリス上科( DORIDOIDEA )
イロウミウシ科 ( CHROMODORIDIDAE )
ミアミラ属( Miamira
学名 Miamira flavicostata
著者 Baba, 1940


ミアミラウミウシ Miamira flavicostata

撮影日 2010/12/02
ダイブ# 446
撮影地 浮島 ドラゴンホール
水深 3m
水温 19℃
体長 50mm
コメント Lumix DMC-FX07+INON CL1枚+自作拡散板 Eliotが記載した時はMiamira magnificaだったので、属名から和名が付いたのではないかと思いますが、それを知らないとミアミラとは何のことだかさっぱりわかりません。←これは本種がCeratosoma magnificum (Eliot, 1904)だった頃の話。で、今はRudman(2007)の説を採用して、個人的にはミアミラウミウシはM. flaviscotata Baba, 1940であるとしています。しかしEliotの記載を有効と考えるとM. magnificaになるとも思われ、微妙です。またM. magnificaの記載著者は何故か3通りあり(Eliot, 1904; Eliot, 1910; Abraham, 1876)どれが正しいのか調べきれていません。



ミアミラウミウシ Miamira flavicostata

撮影日 2013/07/04
ダイブ# 500
撮影地 大瀬崎 一本松
水深 16m
水温 21℃
体長 72mm
コメント



ミアミラウミウシ Miamira flavicostata

撮影日 2014/06/06
ダイブ# 549
撮影地 大瀬崎 門下
水深 20m
水温 17℃
体長 3mm
コメント 幼体



ミアミラウミウシ Miamira flavicostata

撮影日 2014/07/29
ダイブ# 555
撮影地 浮島 ドラゴンホール
水深 3m
水温 23℃
体長 38mm
コメント 左の触角が欠損



ミアミラウミウシ Miamira flavicostata

撮影日 2014/09/04
ダイブ# 561
撮影地 大瀬崎 門下
水深 20m
水温 25℃
体長 69mm
コメント



ミアミラウミウシ Miamira flavicostata

撮影日 2015/03/03
ダイブ# 583
撮影地 大瀬崎 門下
水深 26m
水温 15℃
体長 3mm
コメント 幼体です。



ミアミラウミウシ Miamira flavicostata

撮影日 2015/11/17
ダイブ# 614
撮影地 大瀬崎 門下
水深 24m
水温 19℃
体長 24mm
コメント



ミアミラウミウシ Miamira flavicostata

撮影日 2016/01/28
ダイブ# 623
撮影地 大瀬崎 門下
水深 20m
水温 14℃
体長 5mm
コメント 幼体



ミアミラウミウシ Miamira flavicostata

撮影日 2016/06/16
ダイブ# 646
撮影地 大瀬崎 門下
水深 21m
水温 20℃
体長 61mm
コメント




Copyright © since 2006 Nissie
inserted by FC2 system