和名 アオクシエラウミウシ 分類 後鰓類(非公式群) ( OPISTHOBRANCHIA )
直神経類( EUTHYNEURA )
Clade NUDIPLEURA
裸鰓類( NUDIBRANCHIA )
Clade EUCTENIDIACEA
Subclade DORIDACEA
ドーリス上科( DORIDOIDEA )
ドーリス科 ( DORIDIDAE )
ドーリス属( Doris
学名 Doris pecten
著者 Collingwood, 1881


アオクシエラウミウシ Doris pecten

撮影日 2014/09/04
ダイブ# 560
撮影地 大瀬崎 湾内左
水深 1m
水温 25℃
体長 8mm
コメント 一時は櫛型の鰓を持つということでクシエラウミウシ属( Doriopsis )が提案されていましたが、ドーリス属(原記載)に戻りました。但し、WoRMSでは、D. pecten を有効と認めず、キイロクシエラウミウシD. granulosa と同種としています。



アオクシエラウミウシ Doris pecten

撮影日 2014/09/04
ダイブ# 560
撮影地 大瀬崎 湾内左
水深 1m
水温 25℃
体長 6mm
コメント 櫛型の二次鰓の形がよく分かります。




Copyright © since 2006 Nissie
inserted by FC2 system